Archive for 2016年9月|Monthly archive page

command-event で load を楽に

 以前、newLISP 組込関数の構文オンライン表示で使った command-event
 今回は、これを使って、ファイル名だけで lsp ファイルをロードします。

(command-event (fn (s)
  (let (x (read-expr s))
    (let (f (string x))
      (when (and (starts-with f "'") (ends-with f ".lsp"))
        (print "load ")
        (if (file? (1 f)) (load (1 f)) (println (1 f) "\nERR: no file")))))))

 末尾が “.lsp” の時、その lsp ファイルをロードします。
 ただし、ファイル名の先頭には、クォート(’)をつけます。
 使い方は、

C:\Language\newlisp>newlisp -n
newLISP v.10.7.0 32-bit on Windows IPv4/6 UTF-8 libffi, options: newlisp -h

>
(command-event (fn (s)
  (let (x (read-expr s))
    (let (f (string x))
      (when (and (starts-with f "'") (ends-with f ".lsp"))
        (print "load ")
        (if (file? (1 f)) (load (1 f)) (println (1 f) "\nERR: no file")))))))

$command-event
> $command-event
(lambda (s)
 (let (x (read-expr s))
  (let (f (string x))
   (when (and (starts-with f "'") (ends-with f ".lsp"))
    (print "load ")
    (if (file? (1 f))
     (load (1 f))
     (println (1 f) "\nERR: no file"))))))
> jdate
nil
> jdate.lsp
nil
> jdate
nil
> 'jdate.lsp
load jdate.lsp
> jdate
jdate
> (jdate)
"2016/9/28 20:59:45 水"
>

 こんな感じ。もちろん、フルパスも使えます。
 
 jdate については、こちらでどうぞ。
 
 以上、如何でしょうか?

広告